[ 登壇 ] JBpress第7回 ワークスタイル改革フォーラム



ビジネス系オンラインメディア「JBpress」を運営する株式会社日本ビジネスプレス主催「第7回 ワークスタイル改革フォーラム~生産性を高め、イノベーションを創発する!

“経営戦略”としてのワークスタイル改革~」に弊社代表梅本が登壇します。今後も成長を続けていくために必要な新しい働き方の確立とその実現に欠かせない最新のテクノロジーについて、さらには企業変革の実現に向け取り組むべき方法論について共に学び、考察して参ります。是非ご参加ください。



開催概要

日時:初回配信:2021年9月1日(水)/再配信:9月7日(火)10:00~17:15

主催:株式会社日本ビジネスプレス(JBpress)

協力:HRプロ

受講料:無料(事前登録制)


受講対象者

・経営者、役員、部門長クラスの方々

・人事/労務部門、総務部門、経営企画部門、 各事業部門、IT部門の方々

※企業・団体にご所属でないお客さまにつきましてはご参加いただけません


協賛社

株式会社SmartHR/HiTTO株式会社/株式会社iCARE/株式会社リンクアンドモチベーション/Asana japan株式会社/株式会社ロジクール




登壇者 / テーマ


梅本 龍夫氏

有限会社アイグラム代表取締役

スターバックスコーヒージャパンの立ち上げ総責任者


基調講演

物語経営が新しい働き方を創る

新しい働き方には新しい物語(パラダイム)が必要です。古い働き方のパラダイム(組織文化、組織機構、価値観、暗黙の前提)に新しい制度を導入しても機能しません。人と組織のあるべき姿をビジョンとして提示し、パラダイム・シフトを推進することが経営者のミッションとなります。それは第二創業推進レベルの取り組みです。具体的には「両利きの経営」を物語化することで、D&Iを発揮する未来志向の組織が生まれるのです。


各務 茂雄氏

株式会社KADOKAWA

Connected

代表取締役社長 CEO


特別講演Ⅰ

「日本型のDX」KADOKAWAのDXから見えてきた経営改革のアプローチ

2019年年初から粘り強く続けているDXという経営改革の本質、そして日本独特の構造により進みにくい点の緩和策についてお話します。特に、アナログの価値を活かすためのデジタル思考を日本企業に導入し、実践的な人材の登用、育成を伴う実行計画の立て方について、可能な限り共有したいと思います。


小島 玲子氏

株式会社丸井グループ

取締役執行役員CWO

(Chief Well-being Officer)、ウェルネス推進部長、専属産業医


特別講演Ⅱ

丸井グループのWell-being経営 ~健康経営から、社会のしあわせへ~

日本で初めて取締役となった演者が「手挙げ方式」にて社員の主体的な健康経営を推進し、徐々に地域やお客様などのステークホルダーと共に活動するようになったプロセスと工夫、効果、課題について、産業医として講演します。



小林 正忠氏

楽天グループ株式会社

常務執行役員

CWO(Chief Well-Being Officer)


特別講演Ⅲ

今、経営/人事が考えるWell-being

先行きが不透明で変化が当たり前となるニューノーマル時代。企業は、求心力として自社の目的(存在意義)を明確化し、そこに集う多様な価値観を持つ従業員が、持続的に本来もつ能力を発揮できる環境を整える必要があると考えます。そのためには、「仲間」、「時間」、「空間」それぞれに「間(余白)をデザイン」することを推奨します。


宇田川 元一氏

埼玉大学経済経営系大学院

准教授


特別講演Ⅳ

自発性を持った企業変革の思想と実践

日本の企業社会は息の長い変革が求められる時代にあります。それは不確実な環境下での抜本的変革というよりも、既存事業の衰退や人口減少など、緩やかで確実な変化の中で、さらなる悪化を防ぎながら一歩ずつ着実に変化を積み重ねることが求められる変革の時代だと言えるのではないでしょうか。本講演では、こうした「組織の慢性疾患」状況における着実な変革をどのように導くか、その思想と実践についてお話します。



プログラム詳細・お申込み