top of page

[ 登壇 ] 第2回開催!-早稲田大学日本橋リカレントゼミナール- スターバックスに学ぶ「物語経営」ゼミ


理想的な学びの一形態である「ゼミ」を、ビジネスパーソンのための短期集中講座として実施している早稲田大学日本橋リカレントゼミナールにて、弊社代表梅本龍夫が講師として登壇するゼミが開催されます。



講座タイトル



この講座のポイント

  • スターバックスコーヒージャパン立上げ総責任者の梅本龍夫氏によるゼミナール

  • 新しい時代の戦略発想の基軸となるセンス=「物語モード」を理解し仕事で応用できるようになります。

  • 従来の左脳的戦略と「物語モード」を掛算するフレームワークを習得します。

  • デザイン思考、アートセンス、ストーリーテリングを、まとめて身につけられます。



講座概要

現場従業員が共感し、率先して実践する経営戦略が、本物のブランドを創ります。


<到達目標>

本講座の最終目標は経営戦略の自分事化です。

「やらされ仕事」を、「自分の頭でしっかり考え抜き、自分の心で豊かに感じ取り、ワクワクしながら実践したくなる仕事」に転換することです。大きなミッションやビジョン、パーパスとつながる仕事の醍醐味が待っています。



<概要>

経営なんて自分に関係ない。

経営戦略は会社の偉い人やエリート社員が考えるもの。

経営も戦略もむつかしそうだし、興味もわかないし、自分には無理。


そう思っているビジネスパーソンが圧倒的に多いと思います。


しかし例外があります。


多くのコーヒーチェーン店がある中、スターバックスコーヒーが日本で確固たる地位を築くことができた理由。それは現場の店舗で働く従業員(パートナー)が、スターバックスの経営戦略を体現しているからです。


「広告宣伝をしないスタバになぜ人は集まるのか?」


それは、店舗に立つ一人ひとりがブランドのシンボルだからです。店舗パートナーが自律的な活動をすればするほど、最高の広告宣伝が実現するのです。


スターバックスで実現できたことは、どのような業態でも、組織でも実現可能です。


スターバックスコーヒージャパン立上げ総責任者の梅本龍夫氏がその方法を直接伝授します。



<参考図書>

日本スターバックス物語』(早川書房)




こんな方にオススメ

  • スターバックスコーヒーがなぜ、日本でこれほど成功したかの真の理由を知りたい方

  • 若手経営者・経営に携わる部署の方でロジック中心の戦略から脱皮を図りたい方

  • 生成AIが人間の仕事を代替する時代にどうしたらいいの?と悩む方

  • 「物語経営」って何?でも知りたい、学びたい、という方

  • 新たな経営視点を獲得したい方

  • 新たなチームビルディングのやり方を学びたい方

  • 今後、経営にも参画していきたいと思っている方



スケジュール

<第1回>2024年5月11日(土)14:30〜17:40

ロジックとセンスを仲良くさせよう!
  • 経営=戦略×組織

  • 戦略と組織、どちらが好きか、どちらを人生で優先してきたか

  • ロジック(真か偽か)とセンス(好きか嫌いか)

  • ジェンダーバランスによってロジックとセンスの両刀使いになれる

  • 物語モードは「センス主導でロジックも使える戦略マインド」


<第2回>2024年5月18日(土)14:30〜17:40

戦略はむつかしくない!
  • そもそも戦略とは何か

  • 全社ポートフォリオ戦略は「資源配分」ストーリー

  • 個別事業の競争戦略は「違いを創る」ストーリー

  • 戦略はロジックで判断しているように見えるが実はセンスが決め手

  • ケース①『青山フラワーマーケット』の戦略センスとロジックによる補完


<第3回>2024年5月25日(土)14:30〜17:40

WHYから始めよう!
  • WHYから始めよ(サイモン・シネックのゴールデンサークルはセンスを問う)

  • WHYは理念、WHYを実現するHOWが戦略

  • HOWからWHATへのプロセスでセンスを支えるロジックが明らかになる

  • 「経営の9つの次元」(WHY3つ、HOW3つ、WHAT3つ)をスパイラルに回す

  • 戦略は物語モードと科学モードの位相転換ポイント


<第4回>2024年6月1日(土)14:30〜17:40

スターバックスに学ぶ!
  • ケース②『スターバックスコーヒージャパン』(慶應義塾大学ケースA:成長と変容)ディスカッションテーマ:バブル崩壊で苦しんだスターバックスについて、ケースで描写されるメディアや投資家の分析・評価で、当たっていたロジック、はずれていたロジックを見極める

  • ケース③『スターバックスコーヒージャパン』(慶應義塾大学ケースB:改革と成果 )バブル崩壊でスターバックスの経営者が学んだことは何か、センスがなければ喪失していた価値は何か、ロジックを上手に活用した成果は何か

  • スターバックスから学ぶセンス主導の物語モード戦略


<第5回>2024年6月8日(土)14:30〜17:40

右脳を使えばビジョンが見えるようになる!
  • 自分のミッションやビジョン(右脳的センスでとらえた理念)を言語化する

  • 戦略は理念を具体的なストーリーに書き換え実現の道筋を示す

  • 科学モードと物語モードを組み合わせると自分のセンスをストーリー化できる

  • 物語マトリクス理論を学ぶ(自明の世界を脱しデザイン思考を実践し新しいパラダイムを創る理論)

  • 物語マトリクス理論を身に着け戦略ストーリーテラーとなる


<第6回>2024年6月15日(土)14:30〜17:40

3人で実践すれば成功する!
  • ケース④『スターバックスのH2O』ディスカッションテーマ:スターバックスはいかにマスキュリン(男性的)なエスプレッソバール・コンセプトから脱却し今日のスターバックスの原型を創ったか

  • ケース⑤『AGCのトップ3』ディスカッションテーマ:AGCはいかに上意下達の体育会的な組織を変容し、新しい理念と戦略を導入していったか

  • 物語モード戦略は3人のDEIによって実現する



<第7回>2024年6月29日(土)14:30〜17:40

脱左脳の経営戦略を仕事と人生にどんどん使おう!
  • 第1回から第6回までの振返り

  • 講座の学びを語り合う:「私のビジネス・ジャーニー:今までとこれから」

  • 総括:生成AI時代に必須な「物語モード戦略」のマインドと行動規範



受講生の声

  • スターバックスをケースに、価値ベースのビジネスモデルと物語モードの経営戦略の解説アプローチはわかりやすかった。特に、神話の理論をベースに経営のライフサイクルを紐解き、それに物語モードを科学的に管理する手法は斬新だった。また、センスとロジックの融合は、自分の中でやり方や道筋が見えた気がする。自分のことを知る、源と対峙し大事にすることの大切さも学んだ。

  • 今回はリアルで梅本さんの講義を受講でき、とても嬉しくまた楽しかったです。受講生の皆さんとの明るい雰囲気の中で、自分を見つめ直すことができました。時間が足りない!もっと議論を深めたい!と思う講義もありましたが、もしかしたらそれも自省する時間につながって良いのかもしれません。さまざまな業種・立場の方のリアルな悩みを伺うことができる貴重な機会でした。また、お会いしたいです。ありがとうございました!

  • 続編があったら受講したいです。非常に刺激的で有意義な受講となりました。ありがとうございました。

  • 自分の強みと弱みに対して、どう対応していくのがよいか、理論に基づき、具体的に示唆いただきました。講師がご自身の失敗談も開示くださった上での理論説明でしたので、共感と説得力がありました。この講座の訴えたいことを、講座を受けずに知ることは難しいですが、世の中が、そして組織人が欲していることに間違いありません。

  • 理論詰めのプログラムではなく、受講生同士で話しながら進められたのが良かったです。

  • プログラム内容は期待通りでした。受講者の多様性が期待以上であり、インタラクティブな議論を通じて期待以上の学び・気づきが得られたことが一番の収穫でした。

  • 一方的な講義ではなく対話や考える時間があった事で自己理解や内省を深めることができた。迷えるミドルマネージャーや、生き方にモヤモヤを抱えている人達に是非受講していただきたいと思います。












Comments


bottom of page